北海道にこだわった機内サービス

機内サービスは北海道産の物を多く使用しています

エア・ドゥは北海道民の翼というキャッチフレーズがあり、北海道と本州を結んでいる航空会社です。

ですから、北海道を意識した物が多くあります。

例えば、機内サービスです。

無料メニューでは、北海道北見産の玉ねぎを使用したオニオンスープがあります。

また、コーヒーはサッポロ珈琲館によるオリジナルブレンドです。

札幌、東京間の平日の始発のみですが、無料モーニングサービスがあり、これには、北海道産の小麦と玉ねぎを使用したオリジナルのパンを提供しています。

エア・ドゥに搭乗しただけでも北海道の雰囲気を味わってもらえるようにいろいろと工夫されており、無料のメニューと言ってもかなり厳正して決めていますので、機内のお客様には満足だと思います。

飛行機内のお楽しみもいろいろあります

エア・ドゥでは搭乗していただいた時に少しでも有意義な時間を過ごしていただきたいといろいろと配慮しています。

まず、機内誌は全てのお客さんの席にあり、北海道生活と言って北海道についての魅力を詳しく書かれています。

また、北海道生活ならではの情報もあり充実した機内誌となっています。

また、機内サービスの一つである音楽は、北海道釧路出身のジャズピアニストの木原健太郎さんの音楽を聴くこともできます。

まだ、名前が知らない方も、論より証拠で一度その音楽を聴くと、その良さがわかることでしょう。

また、お子さんには、お子さん向けのゲームシートがあります。

機内で退屈しないように楽しい時間を過ごせるように工夫しています。