エアドゥの国内路線の紹介

北海道内6空港と羽田を結ぶ

エアドゥは北海道を拠点にする航空会社で、全便が北海道内の空港を発着します。

利用者数の面から新千歳ー羽田間の便数が最も多く、1日12往復前後運航しています。

21時30分以降に出発となる43、44便については一部期間のみの運航になりますので、利用の際はその日に運航予定があるかをチェックしておきましょう。

北海道を拠点にされている場合は道民割引が適用されており、早期割引と共にそちらを利用するとさらにお得になります。

新千歳以外の空港については、1日2~3往復が運航されています。

多くはJALの便と選択する形にはなりますが、便利に利用できます。

これらの空港を結ぶ路線は季節によって利用者数に差がありますので、夏場は空席状況を早めに確認しておくと良いでしょう。

比較的便数の少ない路線をカバー

羽田空港以外の路線については、函館ー名古屋の1便を除き、全てが新千歳空港発着になります。

新千歳ー仙台が5往復、名古屋が3往復、神戸が2往復、岡山と広島がそれぞれ片道1便ずつ運航されています。

実際にはタイミングが合った場合にのみ利用することになりそうですが、岡山と広島については18時30分前後の出発となっていることから、上手にスケジュールを組むことで大阪伊丹空港から目的地まで行く時間を節約できます。

費用もかなり変わってきますので、積極的に利用したいところです。

前日夜に到着し、翌日に向けて宿泊をしても、費用面では当日便を利用した時と大きな差は無いでしょう。

こちらも道民割引が適用され、お得に利用できます。